メニュー

導入事例02:セントラルコート川口 | オービック・ジャパンは駐輪機の製造・販売・施工を行っています。自転車の設備に関する事は、当社にお任せください。

charaku hd

ちゃらく電話番号

お問い合わせ

チャリンコ・ラックのちゃらく ちゃらく電話番号 お問い合わせ

お客様の声

dounyuujirei2 after

セントラルコート川口

自転車が整理できて、車の出し入れもスムーズになり、溢れていた自転車もスッキリなくなりました。


セントラルコート川口導入前

セントラルコート川口 導入後

導入の経緯

これまで他3社に現場調査・見積依頼をしましたが、最大で80台までしか入りませんと言われ、弊社にもお声かけを頂きました。2014年10月17日に管理会社ご担当者様より電話があり、マンションの理事長様、担当者様と打ち合わせに現地調査にお伺い致しました。理事長様のご要望としましては、現在ラックが48台で、マンション敷地内車路の端に白線を引いて駐輪していますが、まだ自転車が溢れ整理もできずに飽和状態。車の出し入れにも影響を及ぼしているので、できれば100台ぐらいに増やしたいとのご要望を頂きました。10月20日に屋根交換や土間工事もお願いしたいとの事で、職人と共に再度現地へ訪問。一週間後、106台の図面・御見積書をご提出して検討して頂くことになりました。2015年1月には、合人社エンジニアリング株式会社様のご担当者様と、弊社が納入しました「荒川区の西日暮里駅前駐輪場」にご案内し製品のご説明を致しました。

駐輪機の選定理由

何より台数の増加と、女性やご年配者の方に安心してお使い頂ける駐輪機ということで選定して頂きました。

導入時の工夫

マンションの総会で、弊社の駐輪機を導入することを決定して頂き、決定後も新しい理事長様とお打ち合わせを重ね、最終的に91台設置の方向で調整。車の出し入れも考慮しながら図面を修正致しました。

導入後

自転車が整理できて、車の出し入れもスムーズになり、溢れていた自転車もスッキリなくなりました。設置した駐輪機も使いやすいと評判です。新しい屋根も雨音が静かな「制振鋼板」を採用していますので、マンションの皆様にも喜ばれているとお伺いしております。

導入過程

セントラルコート川口 01   セントラルコート川口 02   セントラルコート川口 03   セントラルコート川口 04   セントラルコート川口 05

導入過程
※上記画像をクリックすると拡大で表示されます。