メニュー

企業理念 | オービック・ジャパンは駐輪機の製造・販売・施工を行っています。自転車の設備に関する事は、当社にお任せください。

charaku hd

ちゃらく電話番号

お問い合わせ

チャリンコ・ラックのちゃらく ちゃらく電話番号 お問い合わせ

企業理念

使う人の立場で 使いやすさを追求

女性や年配者にやさしい駐輪機を

代表挨拶

akiyamashatyou

1995年、駅周辺の違法駐輪が社会問題化し、様々な問題・トラブルが露呈し始めた頃、自転車駐輪の現状や、ご利用者のご不満、自転車をご利用なさらない方々の声を収集し始めました。

 

半年間、駅周辺の駐輪場やマンションの駐輪状況を視察。現状は『使う人の立場をあまり考えていない』、『2段式駐輪機の上段が殆ど不使用』、『自転車がエントランス周辺に溢れ、景観を損ねている』等、自転車駐輪問題は社会的にも多くのストレスを与える事象となっておりました。

 

そこで96年夏から『女性や年配者にも使いやすい』、『明るく美観にも優れている』、『安全な駐輪機』をコンセプトに、駐輪機開発を開始。駐輪場での事故も多発していた頃で、特に『安全』に眼目を置きました。 開発に開発を重ね、現在の“ちゃらく”の原型となった『スペースを拡げて出し入れする下段・横スライド式』、『垂直に上下動する上段・駐輪機』を開発。その頃に主流であった引き出す2段式駐輪機とは一線を画す画期的な商品を世に送り出しました。

 

商品名もお客様に喜び・愛される事をめざし『チャリンコのラック』、『チャリンコを楽に収納できる』との意味合いを込めて“ちゃらく”と命名。発売に至るまでの3年半の間に、東京ビッグサイト等の展示会に数回出展。NHKの「首都圏ネットワーク」という番組では『アイデア駐輪機』として紹介。また建築関係の雑誌にも数多く掲載されました。

 

2000年1月、東京都内の自治体に初めて納入。その後は、北は北海道から南は鹿児島まで、全国のお客様に“ちゃらく”をご利用頂いております。

最初の納入後もお客様の現場の声をお伺いし、現状の駐輪機から十数回の改良を重ね、現在では電動アシスト自転車対応の駐輪機等、幅広く対応をさせて頂いております。

 

2006年には東京都知事から『垂直2段式自転車ラック(下段スライド式)“ちゃらく”』が『新商品の生産により新たな事業分野を図る者』として認定され、今では多くの方に親しまれ、使いやすいと評判になっていると自負しております。

 

これからもお客様に喜んで頂ける商品をご提供できるよう、現場の声を大切に、更なる努力をして参ります。皆様の変わらぬご支援を賜りますよう今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 秋山 清治